【公開講座】『薬膳中華料理』講座(第6回目)が開催されました。

2021.04.12

 

 

2021年3月29日(月)、山岡洋先生による公開講座「薬膳中華料理講座」、第6回目の講座が開催されました。

※こちらは、緊急事態宣言発出に伴い、開講延期とさせていただきました【2020年度薬膳中華料理講座 第6回目(1月25日)】の振替日程となっています。

 

ホテルハイアットリージェンシー東京の総料理長を長年務め、現在は「PRIVATE CHEFF’S STUDIO 山岡」のオーナーシェフである山岡洋先生に講師を務めていただく、なんとも贅沢な講座です!

 

 

第6回目のメニューは、

「翡翠水餃子(翡翠色の水ぎょうざ)」

五穀米八宝甜飯(五穀米とドライフルーツの蒸しデザート)

「双色凍羔(いちごのゼリーと杏仁豆腐)」

こちらの3品です。

デザート2品ではありますが、それぞれに様相は異なり、豪華なメニューの日となりました♪

 

 

 

プロだからこその調理技術はさることながら、一つひとつの食材の扱いまで丁寧にされていらっしゃるのは、流石!の一言に尽きます!

翡翠色の水ぎょうざでは、黒木耳の下準備の奥深さまで、丁寧にご教授くださいました。

 

 

ほうれん草を練り混ぜた生地で作った餃子は、あんに白菜をたっぷりと使い、弾力有る生地との食感が何とも言えません(*^o^*)

 

皮をしっかりと味わえる餃子は手作りならではですね。

 

 

 

 

 

 

八宝甜飯杏仁豆腐は中国で伝統的なデザートですが、五穀米といちごゼリーを組み合わせ、山岡先生のオリジナリティに富んだレシピになっています!

 

五穀米八宝甜飯にはドライフルーツをふんだんに使い、中にはこしあんが包まれています。

ゼリーと二層になった杏仁豆腐は、存在感のある大きなイチゴの程よい酸味との相性が抜群☆

 

 

 

この日も、辰巳学院長が加わり、餃子包みを伝授してくださいました!(^^)!

 

 

 

ご自宅でプロの味を再現できる技術やコツを習得できるのが魅力の本講座。

「現代の名工」山岡洋先生から、直接ご指導いただける貴重な機会に、皆様たいへんご満足の様子でした。

 

山岡先生には、引き続き、2021年度も薬膳中華料理講座の講師をお務めいただきます!

 

詳細は こちら 

 

 

いつもの我が家の味にシェフ直伝の一工夫で笑顔あふれる食卓に♪おうちで外食気分を味わってみません か?

どなたでもご参加いただけますので、お知り合いの方をお誘い合わせの上、どしどしお申込みください(*’▽’)