【公開講座】新田先生による『イタリア料理』講座が開催されました。

2020.07.09

 

6月22日(月)、公開講座「新田先生のイタリア料理講座」の第2回目、梅雨のイタリア薬膳が行われました。

 

新田先生はイタリアに8年暮らし、料理を学び、帰国後イタリア料理の会「TIRAMI SU’」を主宰されています。

イタリア料理と薬膳の共通点を探りながら、簡単に出来る美味しいレシピをご紹介しています。

 

 

 

今回のメニューはこちらの3品。

 

★そら豆とバジルのフリッターのオーブン焼き

★グーラッシュ、ポレンタとザワークラウト

★サクランボ入りライスプディング

 

 

 

食欲不振、むくみ、下痢などの症状に悩まされる方も多い梅雨の季節…、これは体の中に溜まる湿邪という邪気によるものです。

湿気を発散させて、胃腸を整えることが大切です、と新田先生から今日のメニューのポイントをお話しいただきました。

 

そら豆やとうもろこし、サクランボには湿邪を取り除く働きがあり、牛肉・キャベツ・お米は脾胃の気を補います。

 

 

そら豆のフリッターは油を使わず、オーブンで焼くことで脾胃を労わる工夫がされた一品に。

 

 

 

 

 

ポレンタは、とうもろこしを粉状にしたコーンミールをお粥のように煮るイタリアではとてもポピュラーの料理です。

鍋底に焦げつかないよう捏ねながら煮ていき、肉の煮込み料理と一緒にいただきます♪

 

 

 

ザワークラウトは1日しっかり置くことで美味しく仕上がりますが、この日はお手軽に味が整う秘訣も教えてくださいました^^*

 

 

 

 

 

オシャレで美味しいデザート、ライスプディングもこの季節にオススメの食材でできています。

 

 

 

 

密を避け、マスク着用で行われたこの日の講座にご参加くださったのは8名。うち4名の方が今回初参加でした!

マスク越しでもわかる皆さまの笑顔からご満足いただけたご様子が伝わります★

 

 

次回開催は824日(月)「夏のイタリア薬膳」、お申込は8月17日(月)までとなっております。

お申込みはこちらから。

 

たいへん人気の講座で、お席に限りがありますので、どうぞお早めにお申し込みくださいませ!