2021年開催 冬期・春期スクーリングを開催いたしました。

2021.03.21

幣学院では、通信教育コース・オンラインコースの受講生を対象としたスクーリングを定期開催しております。

受講が卒業条件の 1 つでもあるスクーリングですが、講師による生の講義を受け、質問に対してもすぐに回答を得られ、調理実習での五感で食薬と接する経験とによって、実体験に基づいた確かな知識と充実感を得ることができると好評を博しております。また、励まし合える仲間作り・人脈を広げるのきっかけともなり、受講生の皆様にとっては貴重な機会となっております。

 

しかし、昨年年末より感染者が激増し、2度目の緊急事態宣言が発出されたことで、2021年1月29日~31日の冬期スクーリングと2021年2月26日~28日の春期スクーリングをZoomで開催することを決定しました。

通信教育・オンラインコースの学生様の中には、遠方や海外にお住まいの方や医療・福祉関連の従事者の方が多い状況を慮り、また、オンラインで実施してほしいという声が多数寄せられたことを受け、特別対応としてのこの開催に踏み切りました。

 

オンライン配信でのスクーリングは初めての試みであり、講義の密度や実習形式に対して、学院スタッフも不安要素を抱えながらの実施でしたが、受講生の皆様からは予想以上の好感触を得られ、たくさんの方から感謝の言葉を送っていただきました。

 

こちらに、スクーリングにご参加された学生様から、学院に届けられたメッセージの一部をご紹介させていただきます。

 

「初めは、オンラインでしっかりと理解できるのか不安でしたが、オンラインでも理解を深めることができました!また、実際に先生方の言葉で教えてもらうと確信を持ちながら理解することができました。

わかってくると、だんだん楽しくなり、今では食薬の本を手放せないほどになりました。スクーリングで学んだことをしっかり吸収して、卒業レポートに合格できるように頑張りたいと思います。」

 

「普段は一人で勉強することが中心なのですが、先生方の講義を伺うのは全く違いました。自分の理解が普段の10倍の速さで進み、一流の先生方の講義とはこうも違うものなのだと感嘆いたしました。色々な理解が急に追いつき、ばらばらだったことがまとまり始め勉強が楽しいです。

辰巳先生のデモンストレーションを見て、ぜひ餃子を皮から作ってみたくなりました。」

 

「Zoomでの開催が初回ということでしたが、 テクニックの問題が出ても、対応が早く、問題なく受講できました。また、私は海外からでしたので、こうして先生方の講義を受けることができ大変嬉しく思っています。

調理実習はデモンストレーションの形とはなりましたが、実際の調理の様子や手順を見るだけでも大変参考になり、最終日の受講終了後、幾つかのメニューを上手く実践することもでき、満足しております。」

 

先日、2021年冬期・春期スクーリングの参加者様宛に、学院よりアンケートのご協力についてメールをお送りさせていただきました。

今後の学院運営、講義方法の参考にさせていただきたく、感じたことやご意見を忌憚なく回答頂ければと存じます。

 

また、学院では、今後も、新型コロナ感染拡大の先行きが不透明であることを考慮した上で、皆様が安心して勉学に励めるよう検討してまいります。

 

今回は関東・関西地方の方を中心に、4名の海外在住の方を含む計19名の方にご参加いただきました。このスクーリングをもって修了となった学生様もいらっしゃり、是非これからも薬膳の学習に意欲を注いでほしいと思います。