【公開講座】「食・環境・健康 それはヒポクラテスから始まった」が行われました

2019.12.03

 

 2019年11月29日(金)弊学院の公開講座として、順天堂大学医学部客員教授・人間総合科学大学教授である丸井英二先生をお招きし、「食・環境・健康 それはヒポクラテスから始まった」というテーマで、公衆衛生学についてご講義いただきました。

 

 「薬食同源」-まさに中医学にも通ずる思想をヒポクラテスは持ち、環境の変化が人々の健康に及ぼす影響も調査研究したと言われています。そんなヒポクラテスは、社会の健康なくして個人の健康はないと考えました。

 

 周りの人が病んでいて自分だけが健康という状況はあり得ない。自分だけよければそれでいいという考えからの脱却。

 普遍の道徳観にもつながるとても良いお話をお聞きすることができ、すばらしい講演会となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 自助努力はもちろん基本ですが、公助・共助という面からも健康と幸せを考えていきたいですね!

 丸井先生、ありがとうございました^^*