大阪教室の卒業式が行われました

2019.03.17

2019年3月13日(水)、大阪・谷町の『ル・クロ・ド・マリアージュ』にて、第4期大阪教室の卒業式が行われました。

この日は、朝には場所により嵐のような天候のところもあったようですが、薬膳の世界へ踏み出した卒業生を祝福しているかのように、式が始まる頃にはすっきりと晴れ渡り、小春日和となりました。

今年は、毎年お世話になっている『ル・クロ・ド・マリアージュ』様のご厚意で、チャペルをお借りし、厳粛な中にも笑顔の絶えない、素晴らしい卒業式となりました。答辞では、卒業生全員から一人ずつ、それぞれの思いを綴った言葉をいただきました。

その後は、フランス料理に舌鼓を打ちました。温かいメッセージのこもったデザートもいただき、素晴らしい卒業式を締めくくりました。

第4期大阪教室・卒業生の皆さま、本当におめでとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、大阪教室での答辞をご紹介いたします。

 

 

答辞

 

 本日は、私たちのために、素晴らしい卒業式を開催していただき、誠にありがとうございます。

 昨年の春、期待と少しの不安を胸に、大阪教室に集ってから、あっという間の一年でした。授業の日によく雨が降っていたことも、地震の翌日靴を傍らに置きながら授業を受けたことも、教科書が詰まった重い荷物を持って通ったことも、今では懐かしく思います。

 講義を受けるたび、得る情報量の多さに圧倒されるばかりでしたが、学べば学ぶほど面白く奥深い薬膳の世界。

 調理実習では、学んだ知識をどのように活用していけば良いのか、食した自分自身の体調変化も通して、感じることができました。シンプルな味付けのなかで、食材の持ち味や効能を生かした美味しいメニューは、日々の料理にも取り入れやすいものでした。買い物の際、食材を選ぶ基準も、学びとともに変化してきたように思います。

 渡辺先生のお話は幅広く、面白く、毎回聞き逃さんと書き留めるのに必死でした。膨大な知識と情報を、わかりやすく伝えてくださって、本当に感謝しております。いつも的確で知的、かつユーモアに溢れる渡辺先生は、私たちの憧れです。

 福田先生は、いつも物腰柔らかくお話されるお姿が素敵で、私たちの癒しでした。畑仕事や季節の手仕事についてのお話、実際にご家族との暮らしの中に学びを生かされているお話は、とても興味深く、勉強になりました。調理実習の準備などにもご尽力いただき、ありがとうございました。

 素敵な先生方の下、過ごした時間は宝物です。

 私たちの人生において、食べることは生きる上でとても大切なことです。そして、料理は愛情表現のひとつでもあると感じています。

 この一年の学びを、身近な家族、そして私たちに関わってくださる方々に、生かしていけるよう、日々精進していきたいと思っております。

 まだまだ未熟ものの私たちです。末長くご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

想いを共にする仲間、尊敬する本草薬膳学院の先生方との出逢い、そして長い年月を経て確立された中医薬膳学との出逢いに、心より感謝するとともに、答辞とさせていただきます。

 

   平成31年3月13日

本草薬膳学院大阪教室

4期生一同