薬食同源・医食同源


箸の種類

   最初は木の枝、竹、骨などがそのまま箸として使われていましたが、その後、木・銅・象牙・鉄・玉石・金・銀のほか、多くの中薬を用いて箸が作られるようになりました。
   竹は最もよく使われています。竹の葉は竹葉といい、清熱除煩、生津利尿の作用があります。竹茎を炙って出た液体、竹瀝で清熱去痰の作用をもち、竹瀝を乾燥した天竹黄は清心定驚の作用もあります。茎の繊維は竹茹には清熱去痰・除煩止嘔の作用があります。このように、どの部分にも清熱効果があるので、竹の箸は夏に適し、のぼせ・暑がり・口渇くの人に勧めたい箸です。
   烏木(黒檀)は『本草綱目』に「烏木は漆黒で重く硬い。箸や食器に適す。性味は鹹・平・解毒作用がある」とあり、箸に適している木です。
   沈香木は「風水毒腫を主治し、悪気を去り人神を清す」(李時珍)、「益気和神」(李東垣)、「気を全身に巡らせ、陰陽を調和し、養血明目・活絡疏筋作用がある」(劉元素)、「調中・補五臓・益精壮陽・暖腰膝」(李c)と歴代の名家が高く評価し、最も貴重な箸となります。 
   白檀には、「手太陰経・足少陰経に入り陽明経を通す。冷気を散じて、胃気を上昇させ食欲を増す」(劉元素)作用があり、芳香の性があるので、気分の薬として理気作用に優れています。紫檀は、血分の薬として営気を調和し、腫毒を治療します。これらの檀木の箸は行気活血・開胃消食の作用があります。
   玉石について『本草綱目』には「甘平、五臓百病に効果があり、柔筋強骨・安魂魄・長肌肉・益気・利血脈の効能をもつ。長期服用で寒暑に耐え、飢えも渇きもなく、不老長寿によい」とあります。玉石の箸は高級品で、長寿の祝いに贈る習慣があります。
   銀箸は重要な役目を担っていました。『本草綱目』では、「銀は毒に遭うと変色するので、銀で毒を見極める」とされています。権力闘争の激しい時代には毒殺がよくあり、その一番簡単な方法は食事に混ぜることでした。この時代、毒の判別のために銀箸を含め銀食器がよく使われていました。
   箸を使うことは、体によい刺激を与えます。指3本で箸を持つと、ツボと経絡を刺激して筋肉が鍛えられ、同時に脳も活性化されます。